相手に伝わる文章を書く|例文を見ながら志望動機を完成させよう

例文を見ながら、読み手に伝わるような志望動機の書き方を学ぼう

相手に伝わる文章を書く

女の人

適度なアピールが大事

志望動機は知らない相手に自分を一生懸命アピールするための文章です。だからといって、アピールしすぎは良い印象を与えません。自身は勢い余ると自慢に聞こえてしまうので、バランスを大事にしましょう。

相手が知らなそうな話題は使わない

一般人が知らないような話題を志望動機で書いてしまうと、これも印象が下がってしまうポイントになります。相手に気持ちを伝える意志が少ないと判断されてしまうからです。エピソードを書くにしても伝わりやすい書き方があるので、そういった例文を探して手本を元に作成してみましょう。

みんなが知らないような固有名詞を使わない

その分野に進むときのきっかけとして具体的なストーリーなどを例に挙げて書くことがあると思いますが、そのストーリーの中で、何の前触れもなく一般の人に馴染みのない固有名詞を出してしまうということは避けましょう。

自分を知らない人が読むということを前提に

志望動機はあなたのことをまったく知らない人が読みます。言い換えると、あなたは志望動機の文章表現だけで相手に想像されている状態なのです。知らない相手がその文章を読んだときにどういった印象を受けるか、少し難しいですが、客観的な目線を持ちつつ作成しましょう。