志望動機の例文をたくさん読むことが、受かる志望動機に繋がる

志望動機を書き始める前に

志望動機を書き始める前に、志望動機の重要性をしっかりと認識しておきましょう。志望動機次第で合否が決まることも少なくありません。

例文をたくさん読もう

志望動機をいきなり書き始めるのではなく、インターネットで例文をよく読んでおきましょう。たくさんの例文を頭に入れておくことで、よりよい志望動機を作ることができます。

志望動機で学校側が判断するポイントランキング

no.1

熱意

ランキング第一位は熱意という結果になりました。その文章からどれくらいの熱意が伝わってくるのかという部分が一番重要視されているようです。自分のやる気や熱意をしっかり伝えられる文章を書けるようになりましょう。

no.2

継続力

ランキング第二位は継続力というポイントになりました。学校側が求めているのは継続力がある人材ということなのでしょう。熱意ややる気を伝えるとともに、目標に向かって継続して努力できるかというのも大事なのですね。

no.3

読みやすさ

第三位は読みやすさとなりました。志望動機では読み手のことを考えた読みやすい文章が求められるのです。読みやすさを考えた文章はやる気や熱意が伝わりやすいということもあります。

no.4

要点がまとまっているか

第四位は要点がまとまっているかというポイントです。伝えたいことがたくさんありすぎるような文章は志望動機には向いていないという意見がありました。要点を絞って書くことが大事なのですね。

no.5

構成が分けられているか

第五位は構成がしっかりと分けられているかどうかというポイントになりました。志望動機の文章としては構成が分けられていて読みやすい文章が好まれる傾向にあります。

志望動機の書き進め方

例文を探す

まずは志望動機の例文を探しましょう。インターネットからでもいいので、いくつかの志望動機の例文を探して自分がよいと思ったものを選びましょう。

何回も読む

例文をピックアップしたら、その文章を何回も読みましょう。何回も読むことで、文章の流れや呼吸を掴むことができます。

例文を元に文章を作成

何回も読んだ文章を参考にして、自分の志望動機を書いていきましょう。文章を読んだだけではすぐに書き出せないという人は、その文章の固有名詞を自分に置き換えて作ってみるといいです。そのあとで自分なりの表現を付け加えていきましょう。

推敲

自分が納得できた文章が書けたと思ってもそれで終わりではありません。より簡潔な表現や適切な表現がないか考えながら何回も読み直し、修正していきましょう。

周りの人に読んでもらう

自分でもう直すところがないとなったら、他の人にその文章を読んでもらいましょう。意外と自分で気づくことができない部分は多いです。指摘された点を改善してから書き直せば、より完成度の高い志望動機になっているはずです。

[PR]

志望動機の例文内容をチェック
書く前のコツをサイトで調べておける

小論文のテーマを学校ごとに紹介!
受験対策にピッタリ♪

例文をたくさん見よう

文房具

志望動機は時間をかけて書こう

志望動機はゆっくり時間をかけて丁寧に作成しましょう。丁寧に作成すれば、志望動機で低い評価を受けることは少ないです。また、じっくり考えてまとめた文章であることは、読み手にも伝わるので、まじめに取り組みましょう。

どのようなポイントが評価されるのか知ろう

志望動機で評価されるポイントは共通しています。それらのポイントを確実に押さえ、学校側が納得するような文章を作成するために、必要な知識を頭に入れてください。知識不足だと、印象に残る志望動機は書けませんよ。